送料やキャンセル料、手数料の負担の有無をチェックしておく

送料やキャンセル料が無料となっていても返送料に気をつけること

ブランド品の宅配買取を行っているお店の多くは、送料を無料に設定しているところが多いです。お店の利用ガイドを見れば、送料無料の文字を見つけられるので確認するのは難しくはありません。そして、送料が無料ならば、査定に納得できずに取り引きを中止したとしても、キャンセル料金を取らないところも多いでしょう。しかし、その二つが無料だとしても、お店に渡したブランド品を返却してもらうときの返送料が発生するかもしれません。もちろん、返送料がかかるなら利用ガイドに載っているはずですが、送料無料の文字よりも目立たないことがあります。査定の結果次第ではキャンセルも考えているのならば、じっくりと利用ガイドを読んで、返送料についての記述を見つけてから申し込みましょう。

銀行の振り込み手数料に注意

店頭買取や出張買取では契約が成立すれば、その場ですぐに現金を手渡してもらうことができます。しかし、宅配買取はスタッフに会うことなく売却する方法なので、契約が成立しても現金を手渡ししてもらうのは無理です。そのため、申し込みをするときに銀行口座を店に教えて、売却したお金を振り込んでもらうことになります。銀行口座にお金を振り込むためには手数料が発生するので、ブランド品の買取店によっては請求されてしまいます。500円程度請求されるところもあるため、少しでも損をしたくないのなら、振り込み手数料が無料のところを選びましょう。もしも、無料で銀行口座に振り込んでくれるのならば、しっかりと利用ガイドに記載されているはずです。

刻印がない金買取の場合、品質や純度をしっかり判定し適正価格で買い取ってくれる知識のある業者を選ぶことが大切です。

© Copyright Build Your Own Brand. All Rights Reserved.